Fw:東北 Fan Meeting Vol.9 アイデア募集及び情報発信

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    事務局 日比 (木曜日, 15 10月 2020 13:31)

    アイデア募集のテーマはこちらです。思い付きのようなアイデアでも結構ですので、ぜひ投稿ください。(整理されたアイデアでなければならないわけではありません)
    ---------------------------------------------------------------
    災害への備えであったら嬉しい備蓄食or活かしたい食材とは?
    ---------------------------------------------------------------

    また、上記のアイデアに限らず、ご意見や感想なども御寄せください。

  • #2

    Itaru Niimi (木曜日, 15 10月 2020 19:15)

    ファスティングにも使える酵素ペースト(80種類以上の食材を発酵させたペースト)
    無添加で栄養価が高く常温で長期間保存もできます。
    私はこのペーストと水のみで1週間過ごしました。体がすごく軽かったです!
    あまり備蓄食材としては知られていないと思うので、是非知っていただきたいです。

  • #3

    うえだ(すみません、マイク繋がってません) (木曜日, 15 10月 2020 20:45)

    土づくりも発酵と聞いた事がありますが、発酵ペーストで野菜を育てていると、野菜も土(発酵ペースト)も保存食的に食べられると面白いかなぁ。。

  • #4

    石田正和(東京都 IT(NES)) (木曜日, 15 10月 2020 21:10)

    貴重な経験と熱い情熱のこもっている
    お話ありがとうございました。
    (東北には直接関係していませんが
     「自分の会社が企画」&「フードロスに関する興味」
     で参加させて頂きました。

    ONE TABLE さんの、
    卓越した「酸化防止」技術による「食料の賞味期限無効化」は、
    ビジネスとしての将来性ももちろん感じましたが、
    それ以上に日本発の技術で、世界的な社会課題解決につながる、
    キーテクノロジーとなる可能性を秘めているように感じました。

    当方の配偶者が地元で「子ども食堂/フードバンドリー」活動をしています。
    未来の日本のために、社会的弱者である貧困家庭(の子供たち)を
    直接支援しています(負のスパイラルを地域で断ち切りたいという想い)。

    企業さんや個人からの寄付がベースの活動ですが、
    その中で実は「賞味期限」は大きな問題のひとつです。

    自治体の備蓄食料として採用して安全に備蓄しつつ、
    毎年備蓄分の20%%を弱者向けの拠出するしかけが
    できると面白いとおもいました(ローリング?)。
    現在も期限切れ寸前の備蓄食料の寄付は沢山ありますが、
    寄付を受けてから実際に相手に届く時には・・・の課題大きいです。

    また、先日別セミナーで「国境なき医師団」活動の講演を聞いたのですが、
    その中に「税関内に備蓄倉庫を持ち必要な医薬品を素早く届ける」
    という活動紹介がありました。そういうところに現地支援食糧として
    採用してもらうことで、世界貢献(=世界への宣伝)になるかもと
    (勝手に)思いました。

    年を重ねるにしたがって、自分(自社)の強みである「IT」を、
    直接の地域貢献に使っていきたいという想いを強くしており、
    「毎日使える防災機能」という考え方は大変良い気づきでした。


    どうもありがとうございました