Fw:東北 Fan Meeting Vol.14 アイデア募集及び情報発信

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    事務局 (金曜日, 15 1月 2021 10:31)

    ワークショップ開催中、チャットで登壇者から補足や紹介があった内容、参加者からのコメント等をこちらでシェアさせていただきます。
    ーーー
    参加者からのコメントや登壇者との質疑応答(一部)
    ・被災地域の学生支援を行っている方が、学生の地域への関わりなど知りたい、と言う旨のお話をしていました。
    ・ 10月に南三陸ホテル観洋に行き、伊藤さんのお話しを聞き、感動しました。もっとお話しを聞ければと。
    ・震災前の2010年から毎年南三陸町に行っていますが、2011年以降、最初は悔恨・祈念の場、少し経つと伝承するモノ・コトの場、最近は課題分析・今後の方向性の模索、に変わりつつあるのを肌で感じます。実際に居住し、働いている現地ではどう感じていらっしゃいますか?
    →(伊藤さん)一番変化しているのは町の姿以上に私たちの心や、思いかもしれません。忘れることで前に進めもしたり、忘れないことで大事なことに気づけたり。私たちだけでなく日本全国の皆様がありふれた日常の中で大切な気持ちをお互いに共有することで、伝えていく、遺していくということを取組んでいければと思います。
    ・1時間半って、思った以上に短時間ですよね。短時間で行うことで工夫してることはありますか?
    →(伊藤さん)簡潔に且つ、理解が深まるような伝え方の勉強も同時進行でしています。アナウンサーの方や小説家の方からも言葉の勉強をして、伝わるように伝える工夫を心がけております。
    ・SDGs=環境問題と捉えがちですが、こうした地方過疎の問題などにも視点をあてることは大切ですよね。
    ・ テレビなどで震災や東北について取り上げられているときに、「あ!あの時の話だ!」となるようなフックを作る取り組みが一つ大切なことだと学ばせて頂きました。
    ・真剣に生きておられる皆さんのお言葉は自分の生きていく姿を見直すきっかけになりました。ありがとうございました。
    ・どのテーマでも受け入れる側(地方)の熱量って必要だと感じました。
    ・この10年で多くの慰霊碑が作られたと思いますが、それをどうすれば活かすことができるのか今後も考えたいと思います!